一般歯科と矯正専門クリニックの違い

歯科医院で矯正治療を受診する場合、矯正も行っている一般歯科医院と、矯正のみを専門で行っている矯正歯科医院とで治療を受けることができます。
では実際にはどのような違いがあるのか、それぞれの特徴をご紹介いたします。

一般歯科

経験

多くの場合、あらかじめ決められた日に月1〜2回、アルバイトの矯正医(大半は大学からの若い医局員)が来て矯正治療に対応します。経験が浅く診断力や技術力に心配があります。

院長先生が担当する医院もありますが、やはり臨床経験不足等に不安が残ります。

担当医

非常に長い期間の治療がかかる矯正治療では、アルバイトの矯正医の都合によって、担当医が変わってしまう場合があります。

そのため治療の一貫性が保たれにくく、最後まで責任を持って結果を出してもらえない可能性もあります。

また運が悪く装置が外れてしまった場合は、矯正担当医が来る日まで待たなくてはなりません。

対応力

矯正専門クリニックに比べ、矯正治療に使用する治療装置や器具は少なく限られてしまいます。

患者さんのやむを得ない事情で転医せざるを得ない場合に、必要な対応(専門医院の紹介、継続治療に関する資料の作成、費用清算等)を行ってもらえない場合があります。

矯正専門クリニック(今村歯科矯正クリニックの場合)

専門性の高い矯正治療

院長写真

矯正歯科医院に矯正医が常時専門に従事しており、矯正治療のみを行うクリニックです。

(矯正治療には数年を要するため開業専門のクリニックを開業するには、大学卒業後5年以上矯正科に残り矯正歯科の知識や技術について学ぶことが最低限必要です)

矯正専門のクリニックなので、さまざまな症例に対応できる治療法を提供できます。
日々矯正治療を行っていることで、更に経験を重ね技術を研鑚し、高い技術と知識を有しています。

専門医院の中でも担当医が学会認定の認定医、専門医かどうかも、より質の高い治療を受ける際の目安として重要です。※

対応力

歯写真

運悪く装置が外れてしまった場合でも、迅速に対応ができます。

矯正治療は歯科の中でも、非常に長い期間の治療が必要です。治療途中で担当医が変わるのは患者さんにとってはデメリットになります。
今村歯科矯正クリニックでは担当医が変わることはありません。

矯正専門クリニックと一般歯科の矯正歯科の違いは以上の通りです。
どちらで矯正治療を受けようかお考えの方はご参考ください。

※認定医と専門医の違いについて詳しくはこちら